MENU

ハクアージュの全成分を解析!期待できる効果や副作用の危険性は?

 

今回はハクアージュの全成分についてまとめてみました。

 

ハクアージュに含まれている成分の効果や、その副作用の危険性をそれぞれ解析!

 

結論から言うとハクアージュには危険な成分は使われていませんが、一つ一つの成分をしっかり確認したいという人はこの記事をチェックしていって下さいね!

 

 

成分名 期待できる効果 副作用の危険性
アルブチン メラニンを作らせないのでシミやそばかすの予防となります。
トラネキサム酸 メラニンの生成を予防することで、シミを防ぐことが出来ます。
3‐O‐エチルアスコルビン酸その他の成分:BG 色素が沈着するのを防ぎます。
ペンチレングリコール 皮膚を柔軟にし保湿効果があります。抗菌効果もあります。
濃グリセリン 角質層を柔軟にしバリア機能を改善させます。
シュガースクワラン 皮脂の成分と似ており、肌を保湿します。
グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液 表皮細胞の保護・保湿効果があります。
カラメル 着色料として使用されています。
甘草フラボノイド 色素沈着をさせない成分です。
ヒアルロン酸Na‐2 保水力が非常に高いことで知られています。
プルーン酵素分解物 抗老化作用があります。色素沈着を防止する成分です。
チンピエキス 紫外線から肌を守って美白します。
酵母エキス‐3 栄養成分に富んでいます。旨味としても使用されています。
ワイルドザイムエキス 保湿や色素沈着抑制に効果的な成分です。
水溶性コラーゲン液‐3 水分蒸散をさせないので、保湿効果が高いです。
アルピニアカツマダイ種子エキス メラニン色素の過剰分泌を防ぐことが出来ます。
アーティチョークエキス 毛穴を引き締め、黒ずみを目立たせません。
トリエチルヘキサン酸グリセリル 感触改良のために配合される成分です。
ジメチコン 感触改良効果があります。
ステアリン酸 ベース剤として使用し、化粧品の疾患を調整しています。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル) アンチエイジング効果とともにエモリエント作用もあります。
SEステアリン酸グリセリル 非イオン系の界面活性剤です。
グリセリンモノステアリルエーテル 増粘剤として配合されています。
イソステアリルアルコール べとつきを抑制するために配合されている成分です。
ステアリン酸PEG 本来混ざりにくい水と油を混ぜ合わせるために配合されている成分です。
ステアリン酸ポリグリセリル 界面活性剤ですが、肌に浸透しにくいです。
POEベヘニルエーテル 乳化剤として配合されています。
トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル 化粧品の感触をよくする目的で使用されていますが、他にエモリエント作用もあります。
大豆リン脂質 界面活性剤による刺激から肌を保護する成分です。保湿効果もあります。
β‐シクロデキストリン 溶けにくい物質を溶かす目的で配合されている成分です。
水添ナタネ油アルコール 配合されている成分を安定させます。
ベヘニルアルコール 乳化を助ける成分です。
キサンタンガム 増粘効果が得られます。
疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース 界面活性剤として、また増粘剤として配合されています。
ステアロイルグルタミン酸Na 乳化を補助します。
ジエチレントリアミン5酢酸Na液 キレート剤として使用されています。
クエン酸 細胞の酸化を抑制します。
クエン酸Na キレート作用があります。
天然ビタミンE 血流をよくすることで肌荒れを解消します。
ピロ亜硫酸Na 酸化防止剤として使用されています。
フェノキシエタノール 防腐剤として広く使用されています。

 


ハクアージュに含まれる成分を副作用の危険度とともに一覧表にまとめてみました。

 

ハクアージュには41種類もの成分が使用されています。

 

しかし危険度の高い副作用の出るような成分は一切含まれていません。

 

フェノキシエタノールが防腐剤として使用されていますが、問題にはならない程度です。

 

また、ハクアージュには刺激のある成分としてよくあげられている、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、石油系界面活性剤、合成ポリマー、旧表示指定成分の9つはすべて無添加となっています。

 

ですので、どんなお肌の方も安心して使うことができるのです。

 

またハクアージュは厚生労働省が認可した医薬部外品です。

 

医薬部外品とは、効果・効能に有効な成分が配合されている成分で、それを記すことが認められています。

 

また、医学専門誌で取り上げられたこともある実力派でもあります。

 

安全性が高く、実力派のシミ消し化粧品を探している方、こちらからハクアージュの詳細を確認してみてください!